FC2ブログ

R.labLOG(旧)2010年より移転しました。ここはブログ跡地になります。

Ryu
TOP > 2009年12月

2009年12月 の記事一覧

| |

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10'sまであと数分。 2009.12.31


ゼロ年代も残すところ数分になりました 。
もうすぐ始まる10's、私にとっての21歳から31歳。
どうなることやらー、でもきっとなんだかんだ必死に生きてると思います。

今年の目標は
『好きなことをとことん続けること』
『好きなことをとことん好きになること』
『途中で絶対投げ出さないこと』
だったらしいですが、まあ大方達成できたんじゃね?(雑
とにかく多方面に出会いの多い一年でした。

あと特に掲げてなかったけど、就活しない分何事にも積極的に取り組もうとしていて、それは今までよりは改善されたかな?
何か新しいことにコミットするのはめっちゃビビるし色々しんどいけど、その分得られるものも大きいんだなあとか思いました。
あといろんな大学の人と知り合えたのは大きくて、こういうネットワークってやらしい意味とかじゃなく大事なんだなって思った。
東大じゃない建築学生のこと、全然知らなかったから、そこが少し埋まったのは個人的には収穫だったなーと。
あと設計事務所のオープンデスクに行くようになりました。
将来進む道がなんだか見えて来た気がして気がひきしまります。

一年を雑に振り返ると、楽しい思い出がたくさんあるにも関わらず
なぜか思い出されるのは物理的にほとんどを占めてた建築のことばかり...笑
時間が飛ぶように過ぎて行く感覚とか、満身創痍なまま過ぎて行く毎日とか、ついに導入してしまった寝袋とか、飛んで行くお金、お金、お金、あれ何だろう涙がでてきt(ry
でも私のグータラ人生においてこんなに何かに打ち込んでることってなかったんで、何かに本気で打ち込むってこういうことなのかなと思ってとりあえず納得しております。はははは(乾笑

そしてそんな感じの日々を過ごしていたからこそ、
学校帰りに寄り道してお菓子食べたりお茶したり、バカ飲んだり、ささやかに誕生日祝い合ったり、バカな話したり、提出直前テンパッて変なテンションになったり、旅行行ったり、海いったりディズニー行ったり、やっぱりバカ飲んだり、
そういう出来事があるたびにめっちゃ幸せな気持ちになります。
幸せ....なのか、これ?w
だからこれからどんなに忙しくなったり余裕がなくなったりしても、そういう出来事を大切にしていきたいと思いますた。うん。
みんな遊ぼうぜ!!!

とかなんか年の瀬ってことでかしこまっちゃってる感じになってんですが
細かい振り返りは年が明けてからブログとかで勝手にやろうと思います
一言でまとめると、よく会った方もめっきり会えてない方も、一年間ほんとありがとうございました
相も変わらずの私ですがどうぞ2010年もよろしくお願いします!

また!!




てか、もう時間ぎりぎりだからいいや!
あけましておめでとうございます!!!!!!(2009年最後の最後まで雑

スポンサーサイト

メッセージへのお返事 2009.12.27


メッセージがあったので久しぶりに記事を書こうと思います。
長くなったので記事で。
コメント主さん、不快でしたら消しますので一報くださいね。


以下返信:

+ + +

りえさんへ

まずはコメントありがとうございます。
西洋古代史を勉強したいと思っていた私は、文学部に進もうと思い、りえさんが志望しているところを高2の終わりに志しました。
そしてなんとか合格し、望み通り文学部生の卵としての生活をスタートしました。
でも大学に入っていろいろなことがあって、いろんな人に出会って、気がつけば本気で歴史を専門にして生きていくことを内心では望まないでいる自分に気がつきました。
なんのためにここに来たんだろうと何度も頭を抱えた時期もありました。
そのとき、何年も前に諦めた建築という選択肢が頭をよぎりました。
大学での半年間を振り返ると、無意識でしたが、建築関係の授業やテーマを選んでいる自分がいました。
正直大学に入った当初は建築のけの字も頭にありませんでした。
でも諦めてからかなりの時間が過ぎたあとでもずっと建築への名残惜しさが無意識のうちにあったんだと思います。

私はデザインの道に進みたいと小さい頃から思っていたのですが、中高と勉強になかなか手がつかず、大学受験時の理転なんて考えられもしないくらい数学ができなかったので、頭の中から建築やデザインという選択肢を消し去ってしまっていたのだと思います。
本気でその道に進みたいのだったら、理転にしろ専門学校にしろ他にいくらでも手段はあったと思います。
「とりあえず大学に受かってから考えよう」という安易な思考しかなかったのだと思います、今振り返れば。

そんなこんなで今は建築学科にいます。
歴史は今でも大好きですし、初め文学部を志して科類を選んだことも、最終的に建築に進んだ自分の判断も、後悔してはいません。
りえさんのように、大学に入る前から自分の将来についてよく考えている人を心底尊敬します。
でも、3つだけ。
大学に入ってから見えてくる道もあること。
これが自分の進む道だと信じていたものが変わることもあること。
でも頑張ればどんな道へだって行けるはずだということ。
この3つだけは忘れずにいてほしいと思います。
脇道にそれるのも、悪いものではありませんよ。

受験勉強、がんばってください!
大学生と受験生、立場は違いますが、同じ道を志す女子同士がんばりましょう。
合格したら教えてくださいね、キャンパスで何かおいしいものでもおごります笑
建築の話でもしながらお茶しませう。
では!

« | ホーム |  »

script by WEB Memorandum
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。