FC2ブログ

R.labLOG(旧)2010年より移転しました。ここはブログ跡地になります。

Ryu
TOP > スポンサー広告 > 「リメイク」の難しさTOP > ゲーム > 「リメイク」の難しさ

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「リメイク」の難しさ 2009.02.15


ちょっと唐突ですがゲームの話を。
初めてゲームに触れてから15年くらい経つのかな、
80年代後半の家庭用ゲーム事情と現在のゲーム事情を比べると、なんかもう別世界ですよね。
20年ちょっとでここまで進化するもんなの、と常々思います。
近年はいわゆる「往年の名作」が最新ゲーム機用にリメイクされたりしているので、レトロゲーム愛好家(自分が生まれる前のゲームとかも守備範囲)としては嬉しい事この上ないです。
ヴァルキリープロファイルのリメイクが出たときはもう滾りまくりだったし
クロノトリガーのリメイクも記憶に新しいね。
ドラゴンクエストとかね、6のリメイクの発売を9の発売よりも心待ちにしているくらいで。


はい、前置きは長くなりましたが本題行きます。
スプラッターハウスというゲームがありまして
まあ、悲劇過ぎる展開と神演出に彩られた伝説のトラウマゲーなんですが
その続編が出るということで前々からちょっと期待していたんですよね。
XBOX持ってないから買う気はそもそもなかったんだけど(むしろ最近の据え置きハードは持っていないから話題の作品はことごとく未プレイもしくは人ん家プレイもしくはエミげふげんげふんげryという)(DSとPSPは持ってるけど)(ここ数年はゲーマーというよりへたれゲーム評論家みたいになっている自分)
いや、なんだ、なんというか
トレーラームービーとイメージイラストを見ただけなんだけど、
時間の変遷以上のものを感じた。というのが正直な感想。
というか主人公・・・・誰?みたいな。
おなじみのジェ○ソンマスクはどこへ行った?
なんかマーヴェル系列のヒーローものの主人公っぽくなってる気がするのは自分だけだろうか。

まあ主人公はいいとして
ゲームそのものは、ムービーを見た感じだと普通のよくある洋ゲーFPSみたいな奴なのかな?といった感触。
ただ、なんかすごく綺麗(?)すぎる気もする。まだちゃんと見てないからなんとも言えないけど。
スプラッターハウスっていうとあのなんかもう画面全体からにじみ出るような鬱々とした雰囲気が特徴だと思うんだけど
洋ゲーのよくあるVS怪物系のゲームと見た目さほど変わらん、というのが正直な感想。
スプラッターの名に恥じないグロっぷりは健在ですが(ちなみにここまで書いといて言うのはなんだが自分はグロ系は苦手である。一人じゃ絶対プレイできない。グロ要素皆無のエコーナイトでさえ一人でやってて泣きそうになった)
なんだかなあ。すかっと爽快(?)な感じに見える。
もっと湿っぽくて、重くて、鬱々とした、でもそれでいて「スコーン」と言っちゃうシュールな感じを期待してたのにな。
まだトレーラーしか見てないからなんとも言えないけど。
せっかくの続編なんだから、「よくある洋ゲー」にとどまらないでほしいなあと願うばかりです。


まあでも、ゲームに限らず
「往年の名作」のリメイクや続編製作って難しいよねきっと。
後に続く作品である以上、前作を超えなければならない。
前作を見た人たちの期待を裏切ってはならない。
難しいと思うよ絶対。
自分自身、映画のリメイク作品を見て何度「微妙・・」と思ったことか。
リメイク作品を見る際の我々の見方がよろしくないのかもしれないね、ひょっとしたら。
変な期待があるからリメイク作品そのものの魅力に気付けないのかもしれない。
まあ明らかにこれ駄作じゃね?ってのもあるけど。

そういえばディズニー映画の正式な続編で、面白いなと思えたのってトイストーリー2だけかもしれない。
アラジン2もシンデレラ2もリトルマーメイド2も好きじゃなかった。
102やライオンキング2はまだ面白かった方だけど、あんまり好きじゃない。
単純にお金のかけ方の差って言われたらそれまでだけど、それにしてももう少し面白くできたんじゃない?と思ってしまう。
というより、すでに1で綺麗に完結してるのに続きを作らないで欲しい、みたいな。自分勝手かもしれないけど。
シンデレラとかリトルマーメイドとかおとぎ話系は本当にそうだ。おとぎ話の続きを作るなら本当に気合を入れて作らないと子供の夢を壊しかねませんよ、と。


スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)

script by WEB Memorandum
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。