FC2ブログ

R.labLOG(旧)2010年より移転しました。ここはブログ跡地になります。

Ryu
TOP > スポンサー広告 > 最近読んだ本まとめTOP > 建築読書メモ > 最近読んだ本まとめ

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近読んだ本まとめ 2009.04.15

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

4月に入ってから読んだ建築関係の本(建築系の雑誌除く)をまとめてみる。

■読み物として
『連戦連敗』
『建築巡礼 アールトとフィンランド―北の風土と近代建築』
『商空間 ―人・店・街 にぎわいをデザインする』
『コンペに勝つ!』
『モダニズムの建築 ―庭園を巡る断章』
『空間演出 ―世界の建築・都市デザイン』
『デッサウのバウハウス建築』
『都市と建築のパブリックスペース ―ヘルツバルハーの建築講義録』
■資料として(拾い読みしたものとか図版とか)
『建築学大系 劇場・映画館』
『GA 04 THEATER』
『DA建築図集 複合市民施設1』
『多目的ホールの設計資料』
『建築の絵本 東京のまちづくり』

今読んでいる本
『球と迷宮 ―ピラネージからアヴァンギャルドへ』
『エスキスシリーズ 建築のアイディアをどうまとめていくか?―もうひとつのテーマは「都市への戦略」』

積んでいる本
『Space Design Series 劇場・コンサートホール』
『建築がまちを変える』
『音楽空間への誘い ―コンサートホールの楽しみ』


キャンパスが変わって通学時間が4倍長くなった+電車がそんなに込んでないので、通学時間に読書をするようにしたら、読めること読めること。
1、2限は机に座って一方的に受けるだけの講義が多いので、授業に集中できないときとか手を動かすのに疲れたとき等を利用して本を読むようにした。
とりあえず、たくさん+じっくり本を読むようにしている。
斜に構えて本をあまり読まない時期もあったけど、今はとにかくいろんなことを吸収したいな。

本の選び方ですが、いまのところは
・課題/コンペの内容ど真ん中のもの
・ちょっと違ったアプローチのもの
・興味のある分野(要は趣味)のもの
の3系統だな、と。このリストを見てて思った。
不思議なもので、純粋な興味で手に取った本から、課題に関連する思わぬヒントを得られることもある。
アアルトとかね。完全に趣味で読んだのに。

今は都市に関わる問題に興味のウェイトが偏っていて、たまたま課題もそっち寄りのアプローチを求められているので都市だとか公共空間だとかにまつわる本が多いですな。

このリストの中で一番印象に残った・・・というか良かったのはダントツで『都市と建築のパブリックスペース』です。
学ぶべきことが多過ぎて、読みながらとったメモの量が半端ないw
これが講義録っていうんだから驚きだ。
こんな講義、生で聴けたらどんなに良いか。


そんな感じで。
本読んでばかりなようで全然そんなことはなく。
むしろスケッチしてる時間が多いかな。ネットする時間が減った気がする。
なんだかんだ自分自身で考えて手を動かすのが大事だな、とか
そんな偉そうなことを言えた分際じゃないのはわかってるけど、やっぱ手を動かすのは大事ですな


あ、それで建築読書メモのカテゴリですが
見ての通り全く追いついてませんw
が、メモはしっかり取ってるので、ぼちぼち感想文を上げていければと思っています。

スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)

script by WEB Memorandum
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。