R.labLOG(旧)2010年より移転しました。ここはブログ跡地になります。

Ryu
TOP > スポンサー広告 > 在るべき場所への片道切符TOP > 観たもの・聴いたもの > 在るべき場所への片道切符

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在るべき場所への片道切符 2008.05.21


今日は信じられないくらい沢山タスクがあってまじで死亡フラグ立ちっぱなしだったけど
なんとか気合いで回避。
改善すべき点をはっきり的確に言ってくださる先輩程頼りになる存在はないな、と痛感。
よっしゃー俄然がんばるぜ!!


今夜は久々のオフ。
最近バイトとか用事とかで出突っ張りだったからねー
明日からはまた怒濤の死亡フラグラッシュだけど、頑張って乗り切るわ。
働いた後のアイスはうまい。




最近聞いてる音楽。

Savage GardenSavage Garden
(1997/04/17)
Savage Garden

商品詳細を見る

昔アメリカに住んでた頃タイムリーに聞いてた。
オーストラリアのユニットなんだけどアメリカでも普通に流行ってたな。
今思えば 自分ちっさいときにこんなん聴いてたんかー って感じだなあ。
大学生になった今聴いてもすごくしっくり来る。

この2人といえば、上質なラブソング、綺麗なメロディー、独特な歌声、デジタルサウンド・・・
流行ってたのはゆったりしたバラードだったけど、自分は今も昔も彼らの癖のあるシャープなサウンドが好き。
一般的な評価はわからないけど、個人的には1曲目の「To the Moon & Back」が秀逸すぎる。
当時はこの曲の歌詞が何故かすごく衝撃的だったんだよな。
それまでは、現地の子供の間で流行ってたアイドルグループとかブリトニー(笑)とかばっかり聴いてたから。
心を開かない少女へのひたむきな想い。
出だしのピコピコ音から、間奏のカウントダウンまで、何もかもツボで(実際聴いてみてもらわないと通じなさそう笑)
今思えば、当時からこういう世界観大好きだったんだな。


一緒にいてくれるなら、月へだって行って帰ってこれるさ。
僕たちが本当に在るべき場所への、片道切符はここにある。
だから、さ
一緒にいよう、よ?



※歌詞の正確な訳じゃありません。世界観に酔ってみただけです。笑




いつの時代も
人は月に想いを馳せるんだねえ。

スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)

script by WEB Memorandum
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。