FC2ブログ

R.labLOG(旧)2010年より移転しました。ここはブログ跡地になります。

Ryu
TOP > スポンサー広告 > 本当に良いデザインTOP > デザイン・アート > 本当に良いデザイン

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当に良いデザイン 2008.09.23

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

足掛け三週間、例のプロジェクトに参加したわけですが
先日無事に終了しました。
正直かなりきつくて、同じ班にいた唯一の日本人も途中で辞めてしまって
話し合いは毎回難航したし、そもそも母国語が使えない中での踏み込んだ話し合いは相当きつく
ましてや途中で外国の院生同士が大喧嘩を始めたりするもんだから、仲介役の自分の心労は(自分で言うのはなんか嫌だけど)本当に半端なかった。
正直言うと20代後半にもなって単純なグループ作業に支障出るほど協調性ないのってどうなんだよ・・・とか思ったけど
だってグループ作業っていう名目なんだからさ、皆で一つのものを作り上げていくんだったら意見交換の場は必要でしょう。グループ作業なんだから。
そこで「自分の考えをデザインに反映させたいから話し合いなんてしたくない」ってどうなの。っていう。
まあいい勉強になりました。いろんな人がいるんな。


きつかったけれど、楽しかったのも事実で
参加していた三週間は本当に毎日充実していました。
参加者は一部を除いてみんな自分より年上で、特に外国の学生は若くても25とかで、スキルも考え方もすごくしっかりしている。
技術的な意味でも社会勉強の意味でもすごく得るものが多かった。
外国の友人もたくさんできたし、建築家さんとも知り合えたし。
打ち上げは国籍の差や学生・院生・教授・建築家の差なく楽しくバカ騒ぎできました。
いやー。楽しかった。


個人的にだけど
いくらデザイン能力高くて考えがはっきりしてても、自分以外の他人と微塵も心を交わせないってのは、
衣食住の一端を担う建築家の卵としては致命的ではないかな。
建築や服飾みたいな、人に寄り添う(べき)デザインは、アートとは別に考えなきゃだめだと思う。
そりゃ独創性も大事だし、自分の考えをうまく形にするスキルも大事だ。
でもデザインする側がそれを使う人との関係をぶったぎってかかっちゃあもうおしまいだと思う。
確かにそうやってできた建物も服もある。美しいものだってある。
でもそれはたとえ造形的に美しくても本当に良いデザインとは言い難いと思う。


建築や服飾や製品のデザインは、芸術性より独創性より何よりもまず、それを使う人にやさしいデザインであることが大前提だと自分は思う。
デザインをする以上、自分の思ったようにデザインをしたいと願うのは当たり前のこと。
でもそれだけでは本当に「人のために」良いデザインには辿り着けないと思った。


スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)

script by WEB Memorandum
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。